砂漠の中のアート

何年か前にネットで画像を見つけて、一生の間にいつか行ってみたいと思っていた、サルベーション・マウンテン

うろ覚えでメキシコにあると思っていましたが、実際はアメリカ、カリフォルニア州にあって、先日ロサンゼルス、パームスプリングスへの旅の途中に訪れることができました。

2016111601

ロサンゼルスから、リゾート地パームスプリングスまでは車で約2時間。

パームスプリングスからここ、サルベーション・マウンテンまでも約2時間。

砂漠と、琵琶湖よりだいぶ大きそうなSalton湖の間のひと気のない道をひたすら走り続けると、突然現れます。

2016111602

レオナードさんという方 (Leonard Knight 1931-2014) が約30年かけてつくり上げた、色とりどりな作品。

見渡す限りカフェオレ色の大地に乾燥した真っ青な空、そんな景色を2時間見続けた後なので、色が目の奥に染み渡っていくような。

2016111603

“GOD IS LOVE”

2016111604

カラフル、ポップで可愛い、というよりは、強い気持ちがこもった独特な雰囲気を私は感じました。

2016111605

このトラックに住みながら制作をしたそうです。

2016111606

十字がある山の上から見えるのは、たくさんのキャンピングカー。

と言っても、キャンプを楽しんでいるのではなく、集落。

 

11月だというのに30℃超え。ライフラインが全く整っていないこの場所で暮らしている人たち。

東京での自分の生活と重ねると、カルチャーショックというのか何というのか・・・

 

向かう途中、やっと見つけた街のダイナーでレモネードを注文したら、久しぶりにピッチャーサイズで登場。

食べたステーキやハンバーガーも、昔の“アメリカン”の印象そのもの!

2016111607

ロサンゼルス、おそらく他の大都市も、コールドプレスジュース、グルテンフリー、NON GMOなどという言葉が溢れるなか、

それらとは全く無縁そうな街が、そこからたった2〜3時間のところにあるなんて。

アメリカはいろいろな意味で広い国だ、とつくづく思った一日でした。

 

近くにはスラブシティ、イーストジーザスというアーティスティックなコミュニティがあるそうです。

またいつか、訪れてみよう。

 

木とスクリーン印刷

先日、友人の結婚式のウェルカムボードをつくらせていただきました。

どんな雰囲気がよいかを聞いているうちに、頭の中に木製ボードのイメージがむくむくとわき上がり・・・

初めて木材にスクリーン印刷をしてみることに。

20160329001

農場にある看板のイメージだったので、はじめに、板に表情をつけるために絵の具で全体を茶色に塗って、一度水で洗い流して。

 

版を止める器具(上の黒いネジ)は紙や布用になっているので、厚みのある板に合わせるために、ダンボールを適当に設置。

他は通常どおり。

20160329002

150メッシュ(版の目の粗さ)、水性インキでざざっとふた塗り。

 

ホームセンターの木工コーナーで手に入れた板。

ところどころデコボコしていたので、どうなることやらと思いましたが…

全く問題ありませんでした。

20160329003

あとは、大人の塗絵気分でアクリル絵の具やペンを使って色付けをして、

20160329004

周りに装飾をして完成。

 

木の印刷、木目も手伝ってすごく好みの雰囲気に刷りあがり、いい感じ!

これからは紙や布以外の選択肢に加えよう、と。

 

友人に喜んでもらえて、新しい発見もあり、機会に大感謝。