父の日、のつもり…

2017/06/20

モザイクタイル

2017/06/20

青森の手しごと

2017/06/20

青森、津軽地方の刺し子「こぎん刺し」。

昔、父が使っていたブックカバーが渋い紺色に白い糸のこぎん刺しで、なんとなく男の人が持つもののように思っていたのですが、

数年前、カラフルでオシャレなこぎん刺しの名刺入れをネットで見つけて、いつかほしい!と思うように。

 

先日、青森に住む友人宅に遊びに行く機会があり、ついでにこぎん刺し発祥の地である弘前市まで足を延ばしました。

 

弘前に着いてすぐ、ぶらぶらしていて見つけた弘前カトリック教会。
中に入ってみると、十字架がこぎん刺しでさっそくテンションが上がる!

ちなみにこの教会、

床は畳です。ものすごい、和洋折衷。

 

桜名所、弘前公園前のスターバックス店内のソファにもこぎん刺し。

自分が意識しているせいもありますが、あちこちでこぎん刺しを目にしました。

 

街の人に聞いたところ、桜の季節、ねぷた(弘前はねぶたではなくねぷたらしい)祭りのシーズンはものすごい人でごった返すそうですが、

この時期、しかも平日の昼間に道を歩いている人は私以外ほとんどおらず(車と自転車の学生さんはいっぱい)、なんでこんなところを歩いているんだろう?という視線を感じるような・・・

 

それでも気にせず。晴天、気温も東京と比べたらカラッと涼しくて気持ちがよかったので、結構な距離を徒歩で回りました。

こちらはこぎん研究所

作業場のような雰囲気で、制作と小売もしています。

 

私はこぎん刺しをほしいと思うきっかけになった「green」というセレクトショップにて、念願のこぎん刺し名刺入れを購入。

糸は藍染です。うっとり。

 

ここ、greenさんにはスタイリッシュなこぎん刺しがたくさん揃っていました。

お土産用のラッピングも素敵。

green  (webサイトが見つけられず・・・)
青森県弘前市代官町22
水曜休

 

弘前市は洋館や洋食レストラン、教会がたくさんある、「ハイカラ」という言葉が似合う街。

おしゃれでかっこいい建物をたくさん写真に収めたのですが、こちらには気に入った駅の写真を残します。

なんて渋い!!!